home

芦屋市の歯医者

MENU

インプラント

こんな方におすすめです!

こんな方におすすめです!

  • 虫歯や歯周病で歯を失った
  • 自分の歯のようにものを噛みたい
  • 入れ歯が合わなくて困っている
  • 残った天然歯を大切に守りたい
  • 口元を自然に見せたい
  • 顎の骨が痩せるのを防ぎたい

など

「病気で歯を失った」「天然歯に近い感覚でものを噛みたい」「入れ歯が合わない」
このようなことでお悩みでしたら、お気軽に芦屋市のこうだ歯科クリニックへご相談ください。

当クリニックではインプラントをご提供していて、まわりの歯に負担をかけず、まるでご自分の歯のような噛み心地を得ていただくことが可能です。

ただし、インプラントには「手術が必要」などのデメリットもありますので、カウンセリング時に治療内容を詳しくご説明させていただきます。

インプラントとはどんな治療?

天然歯のような良好な噛み心地が得られます

インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を被せて歯の機能・見た目を回復させる方法です。

顎の骨にしっかりと固定させますので、入れ歯でお感じになるような違和感はほとんどなく、まるで天然歯のような良好な噛み心地を得ていただくことが可能です。

まわりの健康な歯に負担をかけません

入れ歯の場合、「クラスプ」を呼ばれる留め具をかけた歯に負担がかかり、その歯の寿命を縮めることに繋がる恐れがあります。
またブリッジの場合、支えとする両隣の健康な歯を削らなくてはいけません。

このように入れ歯・ブリッジではまわりの健康な歯に負担をかけてしまうことになりますが、インプラントではこうした心配がありません。

歯を失った部分に限定して治療を行うことができるため、まわりの健康な歯を守りつつ、お口の機能・見た目を回復していただくことができます。

口元の自然な見た目がキープできます

入れ歯やブリッジの場合、種類によっては口元の審美性を損なう場合がありますが、インプラントではそうしたことがありません。

口元の自然な見た目をキープしたまま、違和感なくしっかりと噛める歯を手に入れていただくことができます。

インプラントのメリット・デメリットは?

インプラントのメリット

  • 自分の歯のような自然な噛み心地が得られる
  • まわりの健康な歯に負担をかけない
  • 口元の自然な見た目がキープできる
  • 入れ歯で起こりがちな「噛みにくい」「喋りにくさ」などの違和感がほとんどない
  • ブリッジのように健康な歯を削る必要がない
  • ものを噛んだ時の刺激が顎に伝わりやすいので、顎の骨が痩せにくい

インプラントのデメリット

  • 自費診療なので費用がかかる
  • 人工歯根(インプラント体)を埋入するために手術が必要になる
  • 治療期間が長い

入れ歯・ブリッジとの違いは?

 インプラント入れ歯ブリッジ
治療内容 歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に人工歯を被せる 口腔内の残存歯数に応じて、「部分入れ歯」または「総入れ歯」を作製して装着させる 歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えとして人工歯を装着させる
噛み心地 天然歯のような自然な噛み心地が得られる 噛みにくさなどの違和感が生じやすい 比較的良好な噛み心地が得られやすい
まわりの歯への影響 まわりの健康な歯に負担をかけない クラスプをかけた歯に負担がかかり、歯の寿命を縮めることに繋がる恐れがある 支えとする両隣の健康な歯を削らなくてはいけない
見た目 自然な見た目がキープできる クラスプの金属色が目立つなど、種類によっては口元の審美性を損なう恐れがある 種類によっては口元の審美性を損なう恐れがある
治療期間 長い 短い 比較的短い
手術 必要 不要 不要
費用 自費診療 保険適用 保険適用

インプラントの流れは?

1. カウンセリング

現在のお悩みやご要望などをおうかがいします。
また、治療内容やメリット・デメリットについても詳しくご説明いたしますので、ご不明点や不安なことがございましたら、何でもお気軽にご質問ください。

2. 治療計画の作成

各種検査を行って、インプラント治療が安全に行えるかを診断した後、最適な治療計画を作成いたします。

一次手術(人工歯根の埋入)

3. 一次手術(人工歯根の埋入)

歯茎を切開した後、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入します。

4. 治癒期間

埋入した人工歯根と顎の骨がしっかり定着するのを待ちます。

二次手術(アバットメントの装着)

5. 二次手術(アバットメントの装着)

再び歯茎を切開して、人工歯根の頭部を露出させた後、アバットメント(人工歯根と人工歯の連結部分)を装着させます。

6. 治癒期間

切開した歯茎が治癒するのを待ちます。

人工歯の装着

7. 人工歯の装着

作製した人工歯をアバットメントに装着させます。

8. 定期メンテナンス

インプラントを良好な状態に保つために、定期メンテナンスを行います。

定期メンテナンスをきちんと受けましょう

定期的なチェックが長持ちさせるコツです

定期的なチェックが長持ちさせるコツです

インプラントは一度埋入すれば一生使えるというものではなく、治療後、きちんと定期メンテナンスを受けないと、「インプラント周囲炎」という天然歯で起こる歯周病のような状態になり、せっかく時間と費用をかけて入れたインプラントが抜け落ちてしまう場合があります。

歯科クリニックへ定期的にお越しいただいて、きちんとメンテナンスを受けるのが、インプラントを長持ちさせるコツですので、治療後の定期メンテナンスを忘れないようにしましょう。

ご相談はお気軽にどうぞ

0797251182

0797251182

診療時間 9:30~13:00 15:00~20:00
休診日 木曜、日曜、祝日

top