home

芦屋市の歯医者

MENU

顎関節症

こんな症状はございませんか?

こんな入れ歯のお悩みはございませんか?

  • 顎を動かすと関節が痛む
  • 顎を動かすと「カクカク」と音が鳴る
  • 口が大きく開かない
  • スムーズに口が開閉できない
  • すぐに顎がだるくなる
  • 時々、顎が外れる

など

このような症状をお感じの場合、顎関節症の可能性があります。
顎関節症ではこれら以外にも、様々な症状が現れる場合がありますので、気になる症状がある時は一度お気軽に芦屋市のこうだ歯科クリニックへご相談ください。

顎関節症とはどんな病気?

顎関節やまわりの組織で異常が生じる病気です

顎関節症とは、様々な要因により顎関節、またそのまわりの組織で異常が生じる病気です。

通常、片方の顎関節で起こることが多く、代表的な症状は「顎を動かすと関節が痛む」「顎を動かすとカクカクと音が鳴る」「口が大きく開かない」などです。
これらは顎関節症の3大症状と言われています。

また顎の痛みなどの顎関節の症状だけでなく、肩こり、首のこり、頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど、全身で症状を引き起こす場合があります。

顎関節症の原因は?

顎関節症の原因は様々です

顎関節症を引き起こしていると考えられる原因は様々で、噛み合わせの乱れ、詰め物・被せ物の問題、歯ぎしり・食いしばり、ストレスなど様々な要因が考えられます。

また、顎関節症と間違えられやすい症状があり、「神経血管性の頭痛」「智歯周囲炎」「耳下腺炎による炎症」「骨折の既往症などの外傷」「慢性関節リウマチ」などは顎関節症と混同されやすい傾向にあります。

このように症状・考えられる原因が多岐にわたる顎関節症に対しては、1つ1つの症状をきちんと確認したうえで、適切に診断することが重要となります。

顎関節症の治療方法は?

症状の緩和・噛み合わせの改善

顎関節症の中には自然に治まるものもありますが、悪化すると日常生活に支障を来すようになる場合がありますので、お薬などを使って症状の緩和をはかります。

そのうえで、顎関節症の治療ではまず噛み合わせの問題を検討するべきだと言えますので、噛み合わせの改善、詰め物・被せ物の調整などを行ってできるだけ顎関節に負担がかからないような状況を目指します。

スプリント療法

「スプリント」と呼ばれるマウスピースを使って、顎関節や筋肉への負担を緩和させて症状の改善を目指します。
スプリント療法は顎関節症の治療としてポピュラーなもので、当クリニックでもこちらをメインに行っています。

自宅でできる顎関節症のケアは?

顎関節症の症状緩和・再発予防のためには、歯科クリニックでの治療と併せて、ご自宅で適切なセルフケアを行うことも大切です。
ご自宅でできるセルフケアとして次のようなものがあります。

顎関節症のセルフケア

  • あまり大きく口を開けない
  • なるべく長時間の会話を控える
  • 硬いものを噛むのを控える
  • 長時間、ものを噛まないように心がける
  • 正しい姿勢を心がける
  • 就寝時は低い枕を使う

そのほか、色々なセルフケアの方法がありますので、詳しくは当クリニックへお問い合わせください。

ご相談はお気軽にどうぞ

0797251182

0797251182

診療時間 9:30~13:00 15:00~20:00
休診日 木曜、日曜、祝日

top